トップ / ビジネスのキホンを覚えよう

ビジネスのキホンを覚えよう

ビジネスの基本の学び

ビジネスにおけるお辞儀や会釈

ビジネスにおけるお辞儀や会釈のマナーをご存知ですか。馴染みはないかもしれませんが、それぞれ角度が決まっているのです。敬礼よりも会釈、それよりもお辞儀というように、体を曲げる角度が深くなっていきます。それぞれ使うシチュエーションが違いますので、わからない場合は周りをよく見て合わせましょう。また、そのような挨拶のビジネスマナーとして知っておいた方が良いことがもう一つあります。たいていは社内などですれ違うときに行うものですが、より丁寧な方法があります。それは、一度立ち止まって体を曲げた後に挨拶の言葉を述べるということです。その少しの違いで格段に上品になります。

ビジネスにおけるお辞儀・会釈

お辞儀は日常の挨拶、感謝、謝罪などビジネスシーンでは欠かせません。正しいマナーしっかりと理解し、相手との信頼関係を築きましょう。まずは種類ですが、①会釈②敬礼③最敬礼の3つが存在します。①は最も軽いものに分類されます。上体を15度傾け、廊下ですれ違う時などに使います。②は普通の挨拶のことです。上体を30度傾け、お客様の送迎や一般的な挨拶に使います。③は丁寧なお辞儀に分類されます。上体を45度傾け、お詫びや感謝など深い思いの時に使います。ビジネスには様々なシチュエーションがありますので、まずは基本的なマナーをおさえて上手に使い分けましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright ビジネスのキホンを学ぼう. All rights reserved.