トップ / ビジネスに関して考えよう

ビジネスに関して考えよう

ビジネスの新しい知識

ビジネスの電話対応ルールとは

ビジネスにおいて新人が任されることが多いのが電話応対です。しっかりと基本的なマナーを学んでおきましょう。まず受け方ですが、コール数に気をつけなければなりません。3コール以内に出るのが社会人としてのマナーとされています。やむを得ず3コール以上経過してしまった場合は「お待たせいたしました」と一言添えましょう。「おはようございます、~課の~でございます」のように、挨拶と名乗りをきちんと行い、相手の確認をしてから30秒以内に取次をしましょう。電話の切り方は、通常電話をかけた方が先に切るのが常識です。ですが、ビジネスシーンでは目上の人や相手との関係によっては自分がけけた側でも待つ法が適切とされる場合もあります。電話では顔が見えずとも自分が組織の顔になることを忘れずに、丁寧に対応しましょう。

ビジネスマナーの電話応対

ビジネスマナーの基本としてよく引き合いに出されるのが、電話応対です。たかが電話であっても、相手先や顧客の機嫌を損ねるような結果となるようでは問題ありです。新入社員や電話に慣れていない社員が対応すると、トラブルにもなりかねません。やはり社会人として基本のビジネスマナーを知っておくべきです。さて、電話応対で最後の電話の切り方が問題になることがあります。また、コール数は3回以内で電話に出るということが基本です。それ以上のコール数になると、イライラさせることがあります。最後の切り方もかけた相手が切るまで待ち、相手の通話が終わったことをしっかりと確認して終了させてください。

↑PAGE TOP

© Copyright ビジネスのキホンを学ぼう. All rights reserved.